2015年11月21日

素敵なインテリアとしてカーテン選びにも力を入れよう

お店で良いスタッフを見つけることが大切

自分のお部屋に合う素敵なカーテンを見つけたいなら、まずお店のスタッフに相談してみましょう。まず、伝えなければならないのは、どのような柄のカーテンをかけて、お部屋をどんな雰囲気にしたいのかということです。インテリアを取り扱うお店のスタッフなら、きっと良いアドバイスをしてくれるでしょう。たとえば、いつもお部屋の中ではどのような洋服を着ているか、またはどのようなイメージのカーテンが欲しいのかなどを具体的に伝えていけば、スタッフの人もアドバイスしやすいでしょう。

カーテンの寸法はプロのスタッフに測ってもらおう

カーテンのサイズを自分で測って、カタログ通販などで購入しようとする人がいます。しかし、これはあまりおすすめの買い方ではありません。できれば、カーテンの寸法はお店のプロに測ってもらいましょう。その方が、購入した後に短すぎたり長すぎたりするトラブルを防ぐことができます。さまざまなデザインの窓や窓枠がありますから、素人では測り間違いをすることも多いのです。インテリアのプロであれば、どのような窓であっても的確に寸法を測れるのですから、活用しない手はありません。

カーテンを選ぶのはわりと大変な作業である

カーテンを買うのは、インテリアに凝る人であれば、わりと大変な作業です。その理由は、お部屋の雰囲気を壊さないように、悪目立ちしないしっくりと似合うカーテンを選ばなければならないからです。また、テーブルや椅子などの家具との相性も考えなければなりません。そのため、どのカーテンにすればよいのかと悩む人は多いです。そこで、やはりお店のスタッフに相談することが重要になります。インテリア雑貨店などのスタッフをしている人に相談することで、わりと役に立つアドバイスをもらえることがあります。

ひもカーテンは「ストリングスカーテン」と呼ばれるドイツ生まれのカーテンです。窓際のレースカーテンの代わりや、間仕切りとして使用されます。色も豊富で、インテリアのアクセントにもなります。