2015年8月26日

今更ひとに聞けない、代理店って何をする会社!?

当たり前すぎて疑問に思わなかった代理店ってなに?

いろいろな職業に接するときによく耳にする言葉が「代理店」です。この代理店とは一体どのような仕事をしているかご存知でしょうか。また、どうやって仕事が成り立っているのでしょう。明確に回答できる方は少ないと思います。しかし、当たり前のように耳にする業種であるため、今更ひとに聞くのも恥ずかしいですね。「そんなことも知らないの?」なんていわれたくありません。ここでは代理店がどのような仕事をしており、成り立っているのかをご説明します。

あくまで「代理」である存在

代理店とは特定の企業や商事会社などの会社の仕事を代理として行う会社です。仕事内容は請け負っている相手企業によって変わってきます。商品の販売や原材料の買い付けなど、多岐にわたります。企業などと代理契約を結び、代理人名義で商品の販売などを行います。それによって発生する手数料が報酬となります。代理店はあくまで仲立ちをしている役割であり、代理店が責任を負うことはありません。似たような言葉に「販売店」という業種がありますが、こちらは販売店が自分の名義で商品などを販売し、責任も販売店が負うことになります。

代理店業を始めるには?

では、代理店を始めるにはどうすれば良いのでしょうか。始めるにあたっての初期費用は0~数十万円程度で始めることができます。代理店のメリットは、すぐに事業を開始することができることと、リスクを自社で負うことがないこと、利益がないと思えばすぐに辞めることができることなどです。非常に自由な分、保証もないというリスクもあります。代理店を始めたいと思ったら「代理店募集サイト」検索してみてください。さまざまな業種が代理店を募集しています。自分の興味がある業種があり代理店業を始めてみたいと思ったら応募してみてはいかがでしょうか。

代理店とは、メーカーや仕入先などと契約を結び取引の代理をする者ということです。メーカーから手数料で利益を得ます。