2015年8月24日

営業代行を活用できる!使える職種3選とは?

企業保険の営業に営業代行を活用する

営業代行というのは、営業のプロが専門家として依頼企業の社員の代わりに契約を取り付けたり製品を販売するものです。営業の高いノウハウを持っているため、即戦力として活用することができるでしょう。活躍の場所はいろいろありますが、一つは、企業への保険商品の売り込みの場面で活用できるはずです。企業向けの販売は、どんな商品や製品を売るにしても共通したノウハウがあるようです。その企業への保険営業であればそのノウハウが十分発揮されるでしょう。

企業向けの金融商品販売に営業代行を活用する

企業向けの保険販売と同様に、企業向けの金融商品販売も営業代行を活用できる代表的なものではないでしょうか。企業が意思決定をするプロセスや収支構造に与える影響の知識等が豊富な営業代行であれば、企業向け金融商品販売の場面でも活躍できるはずです。もちろん、保険の場合も金融商品の場合も行政庁への登録が必要ですが、その分野の経験がある営業代行であれば、そういった手続きは済んでいるはずですので、安心してまかせることができるかもしれません。

メーカーの新規顧客開拓に営業代行を活用する

保険や金融といった形がないものだけでなく、メーカーの製品を販売する時にも営業代行は活躍できるでしょう。特に、新規顧客を開拓したい場合などは強い味方となるはずです。新規顧客の開拓は、ベテランの営業職員でも大変なものです。しかし、営業代行であれば、そういった分野にも強いはずですので、効率的に新規顧客開拓ができるかもしれません。コストを支払って時間を買うと腹をくくることができれば、結果的に早く顧客の確保が実現でき、トータルの利益は大きくなるはずです。

営業代行は成功報酬型のサービスも存在しているので、初期費用を掛けることなく気軽に導入が可能になっています。